理事長メッセージ

弁護士・弁理士は、今般の東日本大震災の直後より、法律相談への対応や義捐金など、さまざまな対応を検討・実践してきました。こうした取り組みは、今後も継続していくべきです。

同時に、私たちは、今後のわが国のエネルギー問題について、冷静な議論を重ねた結果として、再生可能エネルギーの推進を急速に推し進めていくことが必須であると考えてます。

再生可能エネルギーへのシフトは、世界的な潮流になりつつあり、日本においても例外ではありません。

そこで、法律家として再生可能エネルギー事業の急速な推進を支援すべく、2012年4月の本NPO立上げに向けて準備を進めています。

平成23年11月29日

再エネ事業を支援する法律実務の会

代表 水上貴央