自治体担当者として準備しておくべきこと(1) 推進チームの組成、ノウハウ共有

推進チームの組成、ノウハウ共有


まず、再生可能エネルギーを自治体として推進していくためのチーム組成が必要となります。
チーム組成にあたっては、新たに室などを立ち上げる方法と、既存組織において推進する方法が考えられます。東京都のように環境局が中心となるケースや、長野県のように環境部、環境政策課が中心になるケース、神奈川県のように、環境農政新エネルギー・温暖化対策部の中に太陽光発電推進課を作ったケースなど、大崎市などのように、産業政策課に再生可能エネルギーを担当させているケースなど、自治体ごとに対応はさまざまです。
必要に応じて事務分掌規則を変更することも必要になります。

また、他の自治体との情報共有や国との情報連携等が確実に行える仕組みを整えることも極めて重要です。


<「自治体担当者として準備しておくべきこと」カテゴリー>

  1. 推進チームの組成、ノウハウ共有
  2. 再エネ推進条例の制定
  3. 3次補正と連動した事務事業の設計
  4. 地権者等との連絡・調整
  5. ファイナンススキームの設計

【再エネ基礎知識 項目一覧】

_