PHP地域経営塾「地域経済活性化講座:再生可能エネルギー編」 本講座 第3回のご案内

8月19日(月)開講です!

banner_php_hon_3NPO法人再エネ事業を支援する法律実務の会では、株式会社PHP研究所様との共催で、PHP地域経営塾「地域経済活性化講座:再生可能エネルギー編」の本講座第3回を開催いたします。

本講座第1回 は、「自治体の再エネ利活用のための条例制定と事務事業設計」をテーマに、5月17日(金)に、第2回は、7月3日と4日の二日にわたり、「都市・まちづくりと再生可能エネルギー」をテーマに講義と視察研修の二部構成で開催いたしました。
第2回開催レポート(PHP研究所作成)はこちら

いずれもの講座も、貴重なスピーカーの皆様にご登壇いただき、また多くの皆様に参加いただき、盛会となりましたこと、お礼申し上げます。
本講座第3回におきましても、是非、多くの皆様にご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

icon_dlpdf

PHP地域経営塾「地域経済活性化講座:再生可能エネルギー編」第3回 開催概要

テーマ:都市・まちづくりと再生可能エネルギー(2)
日時:平成25年8月19日(月)
会場:(株)PHP研究所 2Fホール
参加対象者:再生可能エネルギー、都市・まちづくり、企画財政関連部署の自治体職員や地方議員、NPO、企業等
受講料(1回当たり)
・講義のみ : 1万円(消費税込み)

講義①:「再生可能エネルギー基盤の経済にどのように移行するか」
講師:倉阪秀史(千葉大学大学院人文社会科学研究科教授)
導入後1年を経過したFITを総括し、再エネの現状と課題、対策の方向性を考える。具体的には、①再生可能エネルギーの導入可能性と、現在の導入量のギャップをどのように埋めていくのか。②その際に必要となる社会的・技術的条件は何か。③再生可能エネルギー基盤の経済に移行するまでの時間、エネルギーをどのように供給すべきかを論点とする。

講義②:「まちづくりにおける再エネ」
講師:佐藤康之(弁護士/NPO法人再エネ事業を支援する法律実務の会 理事)
都市・まちづくりへの再エネ導入に因る紛争事案から、現状や今後対応すべき課題を展望する。再エネの新規導入のみならず、事業化後に生じうる法的問題を想定し、予めクリアしておくべき法規制、行政手続、問題の解消に役立つ手法を、先進自治体における都市・地域計画制度の実践例から学ぶ。

講義③「公共施設マネジメントへの再エネ事業の組み込み方」
講師:佐々木陽一(PHP総研主任研究員)
公共施設・インフラ施設の老朽化が自治体にとって大きな課題となっている。財源不足が予想されるなか、再エネ導入による公共施設マネジメントは可能なのか。公共施設マネジメントと再エネ導入に伴うキャッシュインの組み込み方などについて、屋根貸し事業を例に公共施設活用型再エネ事業の課題を学ぶ。

④パネルディスカッション

詳細は、開催プログラム(受講申込書含む/PDF)をご参照下さい。

icon_dlpdf

受講申し込み方法

セミナーご案内最終ページにある「受講申込書」に必要事項をご記入の上、株式会社PHP研究所様までFAX(03-3239-6273)でお申込みください。
申込書受領後、請求書をお送りいたしますので、請求書到着後、指定の銀行口座にお振込みください(振込手数料は受講者様のご負担になります)。

会場

株式会社PHP研究所東京本部 2F ホール
東京都千代田区一番町21番地
〔最寄り駅〕東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅5番出口

キャンセル・ポリシー

・ 開講後にキャンセルの場合、ご返金はいたしかねますので予めご了承下さい。
・ お申し込み後、やむを得ず欠席される場合は、代理参加・資料提供等で対応させていただきます。

お申し込み・お問い合わせ先

株式会社PHP研究所 PHP地域経営塾
担当:佐々木・茂原(プログラム)、今井(経理)
TEL:03-3239-6222
FAX:03-3239-6273
E-mail:local_governance@php.co.jp
URL:http://research.php.co.jp/

関連していそうな記事: