エネルギーに関する単位について

■W(ワット)とWh(ワット時)はどう違うのか

■W(ワット)とは?

【解説】
W(ワット)とは、1秒間に発電できる電気エネルギーをあらわす単位です。
瞬間の電気エネルギーとイメージするとわかり易い場合があります。

例1 太陽電池パネルの定格出力は200W(ワット)と表示されます。これは、太陽電池パネルの発電能力は200W(ワット)であると考えることができます。

例2 東京電力の電気予報
エネルギーに関する単位について (参照)東京電力によるでんき予報
<予想最大電力を○,○○○万kWとして、瞬間的に必要な予想最大電気エネルギーを示しています。また、ピーク時供給力を○,○○○万kWとして、発電能力を示しています>

■Wh(ワット時)とは?

【解説】
Wh(ワット時)とは、電力量の単位で、電気エネルギー(W)×時間(h)により求められます。(消費電力・発電電力)。

例1 太陽電池パネルの定格出力が200Wの場合に、3時間(h)発電すると、200W×3時間(h)=600Whの発電電力量となります。

例2 1時間に60Wの電力を消費する電球を3時間(h)使うと、60W×3時間(h)=180Whの消費電力量となります。

■読み方について

なお、「1,000」のことを「k(キロ)」という場合があります。
1,000W=1kWです。
また、1,000,000のことを「M(メガ)」という場合があります。
1,000,000W=1,000kW=1MWです。

<「再生可能エネルギーとは?」カテゴリー>

  1. 再生可能エネルギーとは何か?
  2. 再生可能エネルギーにはどのようなものがあるか
  3. 再生可能エネルギーは高コストか?
  4. 再生可能エネルギーでどれくらい発電できるのか
  5. エネルギーに関する単位について

【再エネ基礎知識 項目一覧】

_